2008年11月18日

ストーカー日記 111

天皇杯5回戦 鹿島戦 (11/15 カシマ)

49分、ハーフライン手前でわざと横パスを相手にカットさせたテル師匠。
秘奥義「キラーカットパス」にハァハァ‥

そこには、ワザと相手にチャンスを与え、1点ハンディを献上してから相手の疲れを待って逆転するという、師匠一流の読みがあったのは言うまでもない。

あの120分の死闘の中、一人淡々とスペースを埋め、黙々とパスを左右に補給し続け、粛々と荒れ気味の試合をコントロールし、それでいて最後にハァハァと勝利をもぎ取る‥

まさにファンタジスタ‥


萌えた‥ 萌え尽きたぜ‥  (7.5ハァハァ)
posted by ハァハァ大魔王 at 23:02| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーカー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。